教育ローンは小さな金額を借りる場合も使途が分かる書類が必要

貧困と教育について考える 教育ローンは申込先によって、かなり小さな金額を目的としてお金を借りる事が出来ます。例えば、5万円や10万円だけ必要という場合でも、教育ローンの低金利から融資を受けることができ、必ずしもまとまった金額を借りなければならないということはありません。融資額が少額になると、基本的に教育ローンは審査に合格しやすくなります。しかし、少額の融資を希望する場合も申込時は資金使途に関する書類を提出しなければならないところが多いです。資金使途というのは教育ローンでお金を借りた時に、そのお金を何の為に使うのかという意味です。それを証明する為の書類が申込時に必要となっている教育ローンが大半です。大口融資ならこの書類を提出しなければならないのは納得できますが、小口融資なら別に良いのではと感じることがあります。

ちょっとしたお金を借りる為に資金使途に関する書類を用意するのが面倒なら、キャッシングやカードローンで借りると便利です。こちらの場合は資金使途が自由なので目的を問われませんし、それに関する書類も不要です。さらに収入証明不要のカードローンなどもあり、これだと身分証明だけでお金を借りることが出来るので、非常に申込が簡単です。

おすすめ情報